寄稿

【広告】CEHおよびCNDトレーニングコース受講者募集のお知らせ

更新日:

本記事は、BSI Professional Services Japan株式会社様の提供でお送りします。
この度、日本ハッカー協会を通じて、BSI Professional Services Japan株式会社様、グローバルセキュリティエキスパート株式会社様が提供するCEH トレーニングコースと、CNDトレーニングコースの受講者募集をキャンペーン価格で行うことになりました。

下記のトレーニング内容に興味を持たれた方は、ぜひ各コースの以下のボタンからお申し込みいただければと思います。

当協会から申し込んで頂きますと受講料の一部が、当協会の運営費用、および弁護士費用助成サービスの費用として還元されますので、ぜひ、よろしくお願い申し上げます。

キャンペーン概要

CEHトレーニングコースでは、当協会会員様向け限定で2020年11月~12月開催コースを対象に、受講費用が112,800円(税別)ディスカウントとなるキャンペーンを実施いたします!

・ 現行価格498,000円(税抜|ライブ配信形式|物理テキストあり)⇒特別価格385,200

また、CNDトレーニングコースにおいても、当協会所属会員様向け限定で2020年11月~12月開催コースを対象に、受講費用が100,000円(税別)ディスカウントとなるキャンペーンを実施いたします!

・ 現行価格298,000円(税抜|ライブ配信形式|物理テキストあり)⇒特別価格198,000

キャンペーン適用条件:共通

・上記キャンペーン期間中に受講をすることが前提です。
・お申込み後、特別価格にてご請求書を発行させていただきます。
(特別価格でのお申込みの場合は、お申込みと同時に受講料全額(100%)のキャンセル料を申し受けます。)

 

Certified Ethical Hacker

CEHは世界で唯一のホワイトハッカー認定資格です。

CEH(Certified Ethical Hacker、認定ホワイトハッカー)とは

CEH(Certified Ethical Hacker、認定ホワイトハッカー)は、世界的に有名な教育機関である、EC-Council(電子商取引コンサルタント国際評議会)のトレーニングメニューの一つで、最新のセキュリティ脅威、高度な攻撃手法、最新のハッキングの技術、ツールや手法を体系的に学ぶことができます。情報セキュリティスペシャリストやCISSPなど、情報セキュリティ関連の資格は数多く存在しますが、近年、急速に需要が高まっているのがCEHになります。CEHトレーニングコースでは、「現実の攻撃手法」を体系的に学んで頂くことで、ホワイトハッカーとして「攻撃者視点」の判断力を習得し、効果的な防御に活かすことができます。

CEH トレーニングコース概要

受講対象者

本コースは、情報セキュリティの担当者/責任者/監査人/専門家、サイト管理者、ネットワーク運用担当者など、ネットワーク・インフラのセキュリティに関わるあらゆるユーザに極めて有益なコースです。

必要条件

下記の内容が理解できること。(予習推奨)
1)CCNAレベルのネットワークに関する内容
2)LPIC Level1程度のLinuxに関する内容
3)企業で導入されているFirewallなどネットワーク・セキュリティ機器の構成に関する内容
4)下記ツールの使い方
・Wireshark や tcpdump
・nmap
・ローカルプロキシ(Burp Suite、Owasp Zed Attack Proxy、Fiddler)

下記の実務経験があると講座内容がより理解しやすいです。
・プログラミング(C/Perl/Java/PHP)
・ネットワーク構築
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析
・ペネトレーションテスト

受講期間

5日間(10:00~18:00)

受講場所

ライブ配信、または、弊社みなとみらいオフィスまたは周辺の会場 ※開催日程により異なります、詳細はトレーニングスケジュールを確認ください)

受講料金

~キャンペーン価格~
日本ハッカー協会所属会員様向け限定で2020年11月~12月開催コースを対象に、受講費用が112,800円(税別)ディスカウントとなるキャンペーンを実施いたします。
・ 現行価格498,000円(税抜|ライブ配信形式|物理テキストあり)⇒特別価格385,200

物理テキスト付きで「物理テキストなし」の定価よりお安くなっております。是非この機会にお申込みください。

受講料金には、5日間のライブ配信形式での座学および電子テキスト(物理テキストは含まれません)、演習環境iLabsのID(6ヶ月間有効)、認定資格試験(受講開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験は、受講期間とは別に設定されています。
ライブ配信形式を受講するにあたり、利用するPCおよびインターネット環境は受講者様側でご用意をお願いいたします。

研修受講日

■11月開催:2020年11月16日~11月20日 計5日間

開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CEH-12-202011-JHA)(受付終了)

■12月開催:2020年12月14日~12月18日 計5日間
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CEH-13-202012-JHA)

■1月開催:2021年1月18日~1月22日 計5日間
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CEH-14-202101-JHA)
物理テキストあり、なし、どちらを希望されても上記日程での開催となります。

■2月開催:2021年2月8日、9日、10日、12日、15日 計5日間   ※11日は祝日のため、実施なし。そのため最終日は15日(月)となります。
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CEH-15-202102-JHA)
物理テキストあり、なし、どちらを希望されても上記日程での開催となります。

■3月開催:2021年3月8日~3月12日 計5日間
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CEH-16-202103-JHA)
物理テキストあり、なし、どちらを希望されても上記日程での開催となります。

※フィジカル形式の開催は現時点でありません。

 

Certified Network Defender

CNDは、SOCやCSIRTをはじめとしたセキュリティを担当している方、ネットワークの運用・管理担当者向け実践的トレーニングと認定資格です。

CND(Certified Network Defender/認定ネットワークディフェンダー)とは

ネットワーク技術者はエンタープライズネットワーク環境やエンタープライズとクラウドとのハイブリッドなネットワーク環境を構築・管理しています。ネットワークトラフィック、パフォーマンス、利用率、ネットワークトポロジー、システムの設置場所、セキュリティポリシーなどに精通しています。
ネットワーク技術者がセキュリティ・インシデントの初期段階からセキュリティに関する“防御、検出、対応”ができれば、企業や組織は、事態の悪化を最小限にすることができ、ネットワークの構築や再構築時にも潜在的なリスクを排除することができます。EC-Council(電子商取引コンサルタント国際評議会)セキュリティエンジニア養成講座のCND(認定ネットワークディフェンダー)は、「予測可能な防御スキル」「事後対応の方法」「インシデントに対する遡及的対応」の3つの観点からのアプローチで、企業セキュリティの構築・維持に必要な実践的なスキルの習得を支援いたします。

防御:セキュリティポリシーの策定・適用、物理セキュリティ、ホストセキュリティ、IDS/IPS、ファイアウォールの活用

検出:ネットワークモニタリング、ログ管理、脆弱性スキャン、リスク管理

対応:インシデントハンドリング、インシデント対応、データ復旧とリカバリ

技術的な内容だけでなく、セキュリティポリシーやルールの策定方法、リスクの考え方など、セキュリティ対策に必要なプロセスまで幅広く網羅。多くの実践的なスキルを身に付けることができます。

CNDトレーニングコース概要

受講対象者

本コースは、情報セキュリティ対策に必要なスキルを習得したいすべてのネットワーク技術者の方が対象となります。

必要条件

ネットワークの概念について基礎的な知識を有していること(ネットワークエンジニアとして2~3年程度の経験)
Cisco CCDAまたはCCNA、CompTIA Network+またはSecurity+、IPA ネットワークスペシャリストの資格保有者または同等のスキル保有者
下記の実務経験があるとコース内容をより理解しやすい:

・ネットワークの監視
・各種サーバの構築
・ネットワーク構築/運用
・ネットワークトラブルシュート
・パケット解析

受講期間

3日間(10:00~18:00)

受講場所

ライブ配信、または、弊社みなとみらいオフィスまたは周辺の会場 ※開催日程により異なります、詳細はトレーニングスケジュールを確認ください)

受講料金

日本ハッカー協会所属会員様向け限定で2020年11月~12月開催コースを対象に、受講費用が100,000円(税別)ディスカウントとなるキャンペーンを実施いたします。
・ 現行価格298,000円(税抜|ライブ配信形式|物理テキストあり)⇒特別価格198,000

物理テキスト付きで「物理テキストなし」の定価よりお安くなっております。是非この機会にお申込みください。

受講料金には、3日間のライブ配信形式での座学および物理テキスト、演習環境iLabsのID(6ヶ月間有効)、認定資格試験(受講開始後1年以内に受験が必要)バウチャを含みます。認定資格試験は、受講期間とは別に設定されています。
ライブ配信形式を受講するにあたり、利用するPCおよびインターネット環境は受講者様側でご用意をお願いいたします。

研修受講日

■11月開催:2020年11月25日~11月27日 計3日間
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CND-6-202011-JHA)
物理テキストあり、なし、どちらを希望されても上記日程での開催となります。

■12月開催:2020年12月23日~12月25日 計3日間
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CND-7-202012-JHA)

■1月開催:2021年1月20日~1月22日 計3日間
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CND-8-202101-JHA)

■2月開催:2021年2月17日~2月19日 計3日間
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CND-9-202102-JHA)

■3月開催:2021年3月17日~3月19日 計3日間
開催時間10:00~18:00、ライブ配信形式
(コース名/受講コード:CND-10-202103-JHA)

※フィジカル形式の開催は現時点でありません。

-寄稿

Copyright© 一般社団法人日本ハッカー協会 , 2020 All Rights Reserved.